雛祭り:人形を飾ってお祝いを

日差しも暖かくなり、冬が終わりを告げると、日本の春の伝統行事「雛祭り」の季節がやってくる。毎年3月3日に行われる「雛祭り」とは、直訳すると「人形の祭り」となるが、一般的には「女の子の祭り」として知られている。それはこの日が、娘の健やかな成長と健康を家族で祝う行事だからだ。雛祭りを象徴するものといえば、平安時代の宮廷装束を着た「雛人形」。人形は赤い毛氈(じゅうたん)を敷いた階段状のひな壇に飾られる。また通常は内裏雛が最上段、そのほかの人形が下段に置かれる。

もっと見る