アクセス やるべきこと ダウンロード
高知

高知でやるべきこと

高知, 26 Apr.

高知城や竹林寺で歴史を感じたり、仁淀ブルーと称される仁淀川、室戸ジオパークで雄大な自然を感じる。
もちろんカツオのたたきに代表されるご当地グルメも見逃せません。

Filter by

安居渓谷

安居渓谷

安居川上流部の安居渓谷県立自然公園は、石鎚国定公園に隣接した町の最北部に位置し、1,287haにも及ぶ原生林に囲まれた森と渓谷は類まれな絶景。青みを帯びた断崖や奇岩・巨岩は松や紅葉に彩られ、「みかえりの滝」「飛龍の滝」「昇龍の滝」「千仞峡」など見所も数多い。

高知県立牧野植物園

牧野植物園

高知県出身の植物学者・牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、1958年に高知市五台山に開園しました。約6haの園内では、西南日本の植物や博士ゆかりの植物など、四季折々3000種が楽しめます。

五台山

五台山

高知市南東部に位置し,桜やツツジの名所となっています。山麓には四国霊場第31番札所の竹林寺や,日本で初めて植物に学名をつけた世界的植物学者,牧野富太郎博士の偉業を記念して作られた県立牧野植物園や記念館があります。

土佐和紙工芸村

土佐和紙工芸村

高知中心部から車で約30分にある、土佐和紙工芸村「くらうど」。ここでは、豊かな自然に包まれた静けさの中、洗練された大人のための寛ぎの時間と、カヌーや紙すき、そして機織体験等、様々なアクティビティがあなたを待っています。

高知城

高知城

高知城・天守や懐徳館(本丸御殿)、追手門以下15棟の建造物が国の重要文化財に指定される。天守は、高さ18.5mの3層6階、屋根入母屋造り本瓦葺きの望楼型で、山内一豊(やまうちかつとよ)によって1603年(慶長8年)に築城されたが、城下町の大火で一度消失。その後、1749年(寛延2年)に再建され、当時の息吹を今に伝えている。「志国高知 幕末維新博」地域会場。

ひろめ市場

ひろめ市場

高知市の中心に位置し高知城から徒歩2分、日曜市にも隣接した観光施設となっている。土佐を味わう飲食店、活きのいい鮮魚店、ユニークな雑貨店・・・様々な個性・特長を持つ60以上の店舗が集まり、市場というより大いににぎわう「屋台村」といった雰囲気である。

四国カルスト

四国カルスト

日本三大カルストの一つである四国カルスト一帯を占める当公園は、仁淀川町と津野町、梼原町にまたがり、天狗高原や地芳峠を中心として白い石灰石(カレーン)とすり鉢状の窪み(ドリーネ)が点在。

室戸ジオパーク

室戸ジオパーク

室戸市全域を範囲とする室戸ジオパークは、世界トップクラスとも言われる地質遺産はもちろん、多様な生態系それらを保護、活用してきた室戸の歴史や文化など、地球をまるごと楽しめる「大地の公園」です。

竹林寺

竹林寺

神亀元年(724年)、聖武天皇の命により、僧行基が唐の五台山になぞらえ開創した土佐屈指の名刹。本尊は「日本三文殊」のひとつに数えられ、四国88ヶ所霊場第31番札所として参詣者が絶えることがない。

カツオのたたき

カツオのたたき

鮮度抜群の鰹を藁焼きし、表面は香ばしく、中はジューシーに仕上げた一品。ニンニクやネギをたっぷり添えて、酢を効かせた醤油タレか、シンプルに塩でいただこう。 年間を通して食べられるけど、春の初鰹か秋の戻り鰹は特に美味! 

日曜市

日曜市

江戸時代から300年続く街路市。高知城の追手門からはりまや町の電車通りにかけて約1kmにわたる追手筋で、毎日曜日に開かれる街路市。約500の店が並び、野菜・果物・花・植木・日用雑貨など盛りだくさんの物産を市民に提供している。

吉良川町

吉良川町

その昔、良質な木炭と薪が取れることから「土佐備長炭」の積み出し港として大いに栄えた吉良川。土佐漆喰を使った白壁と、台風などの強い雨風から町屋を守るためにっけられた水切り瓦が独特の景観をつくっている。

杉の大杉

杉の大杉

国の特別天然記念物。推定樹齢3,000年、南北の2株が根元で合着し、夫婦スギの愛称で親しまれている。南大杉は根元の周りが20m、樹高60m。北大杉は根元の周りが16.5m、樹高56m。

土佐打刃物

土佐打刃物

400年にも及ぶ歴史ある土佐打刃物。県民1人あたりの森林占有面積が日本一である高知県では、山林の木材を伐採するため、丈夫で性能のよい刃物が必要だった。土佐刃物流通センターでは、地域の鍛冶職人30余名が中心となり、土佐刃物地場産業を守り育てている。

ラフティング

ラフティング

高知では吉野川・仁淀川・四万十川など各所で、スリル満点の川下りを楽しむことができます。

龍河洞

龍河洞

日本の代表的観光鍾乳洞で、幻想的で神秘的な世界を体感できる。洞内出口付近に弥生時代の穴居生活の跡があり、特に石灰華に包まれた弥生式土器は世界的にも珍しい。

桂浜

桂浜

高知県を代表する景勝地の一つ。浦戸湾口、龍頭[りゅうず]岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸で、背後に茂り合う松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のように調和する見事な景勝地。古来より月の名所として知られ、“月の名所は桂浜・・・”と「よさこい節」にも唄われている。

よさこい祭り

よさこい祭り

昭和29年,当時の不景気風を吹き飛ばし,市民を元気づけようと行われたのが始まり。今や日本のみならず,世界にもひろがりつつある「よさこい」。

金目鯛

金目鯛

煮てもよし、焼いてもよし、刺身もよし、とされるキンメダイ(金目鯛)。身の旨味はもちろん、煮込むと出てくるダシは他の魚と比べ物になりません。脂の乗った肉厚のキンメダイをお鍋にすると、プリプリの身を思い切り頬張る贅沢さと、上品なダシの両方が楽しめます。

絵金祭

絵金祭

夏祭りの夜の雰囲気を再現した展示室や、壁の穴から実物の芝居絵屏風を覗き見できるしかけなど、ユニークな展示方法で絵金と土佐の芝居絵屏風を飾る祭礼文化を紹介する。

足摺岬

足摺岬

紺碧の海が広がる太平洋に突き出た足摺半島の先端の岬。展望台からは270度以上の視界が広がり、地球の丸さが実感できる。足摺岬では自然が織りなすダイナミックな景観があり、地球の雄大さを感じずにはいられない。

柏島

柏島

見本でみられるうちの約1/3の魚が生息する大月町スキューバーダイビングや、スノーケリング、など様々な海のレジャーが楽しめるのが柏島。夏場は多くのダイバーや海水浴客でにぎわいます。

四万十川

四万十川

『最後の清流』として知られ、火振り漁や柴づけ漁など現在でも伝統的な漁が行われている。上流から下流に数多く残っている沈下橋は、欄干がなく川の増水時に水面下に沈むことで流失しないように作られた橋で、今も住民の生活道であるとともに、四万十川の風物詩となっている。





航空券を探す:
東京 (NRT)
高知 (kcz)
詳細