アクセス やるべきこと ダウンロード
長崎, 19 Mar.

カステラ

カステラ

長崎を代表する銘菓といえば、やはり「長崎カステラ」。16世紀中盤、カステラの原型にあたるポルトガルやスペインの伝統菓子が宣教師たちによって日本に持ち込まれました。「カステラ」という名もスペインの中央部にある「カスティーリャ地方」に由来しているとのこと。寛永元年(1624年)、「福砂屋」の初代が長崎にてカステラの製法をポルトガル人より伝授。当時のカステラは今よりも固かったらしく、日本人の口に合うように材料に水あめを加えたり、独自の攪拌方法を駆使するなど、日本の菓子職人たちはかなり試行錯誤を繰り返したとか。そして明治初期、現在のしっとりした口当たりと底に沈んだザラメ糖が特徴の「長崎カステラ」が誕生しました。その後も、昔ながらの製法と味を守りつつ、チョコレートや抹茶を練りこむなど、さまざまなタイプの長崎カステラが生まれています。ちなみにカステラの数え方は1本2本ではなく1竿、2竿(さお)。市内には数十店もの長崎カステラ専門店が点在しているので、いろいろ食べ比べて、お気に入りに1竿を探してみませんか。





航空券を探す:
東京 (NRT)
長崎 (ngs)
詳細