アクセス やるべきこと ダウンロード
長崎, 19 Mar.

長崎ちゃんぽん、皿うどん

長崎ちゃんぽん、皿うどん

「ちゃんぽん」

明治の末、中国からの留学生がお腹をすかせているのを見かねて、腹いっぱい食べさせてやりたいと「四海楼」のご主人陳平順(福建省出身)が考えたのが、長崎ちゃんぽんのはじまりです。ボリュームがあって、安くて栄養満点!チャンポンの命は麺とスープ。ラーメンとは麺が違います。麺の材料は、普通のうどんと同じ小麦粉をつかいますが、これに唐灰汁をいれてつくるために、独特の風味があります。

「皿うどん」

揚げた中華麺の上に、とろみをつけた具をかけたものを皿うどんと呼びます。ちゃんぽんとともに長崎名物として定着しています。作り方は中華麺をラードまたは白絞(しらしめ)油を混ぜたものでよく揚げます。上にかける具はチャンポンと同様に長崎の新鮮なイカ、魚の身、エビ、かまぼこ、貝類などの魚介類。





航空券を探す:
東京 (NRT)
長崎 (ngs)
詳細