アクセス やるべきこと ダウンロード
長崎, 20 Sep.

長崎原爆資料館

長崎原爆資料館

昭和20年(1945)8月9日午前11時2分。広島原爆投下から3日後、長崎市内の浦上地域上空で原子爆弾が炸裂し約15万人の人々が命を落としました。この資料館では被爆の惨状をはじめ原爆が投下されるに至った経過、被爆から現在までの長崎の復興の様子、核兵器開発の歴史、そして核兵器のない平和希求までがストーリーを持たせわかりやすく展示されています。原爆直後と現在の長崎の風景写真を比較すると、目覚ましい勢いで復興した長崎の街と、長崎市民の逞しさが伝わってきます。「原爆、戦争なんて遠い昔のこと」とはいえない現在の世界情勢。各展示物に正面から向き合うと同時に“悲惨な歴史”を受け止め、真の平和について考えてみてください。原爆・平和関係の図書閲覧ができるほか、ビデオコーナーを設置した図書室も併設しています。

ながさき旅ネット

成田空港から長崎原爆資料館へのアクセス

    1. 成田空港

      2時間

      5990円から

    2. 長崎空港

      45 分

      900円

    3. 松山町

      • 徒歩

      5 分

    4. 長崎原爆資料館

ここに記載されている旅行時間と費用はすべて目安です。





航空券を探す:
東京 (NRT)
長崎 (ngs)
詳細